2019/01/28 06:30

【世界の街角】ドイツ中部の街エアフルトで壮観な姿のエアフルト大聖堂を訪ねる

ドイツ中部に位置するテューリンゲン州の州都であるエアフルト。

町が成立したのは、なんと742年と言われており、その後はテューリンゲン地方の中心として、また中世にはヨーロッパにおける交通や交易の中心地として栄え、この町で多様な文化が花開きました。

歴史あるエアフルトの街は、教会や修道院、礼拝堂が街のいたるところに建設されおり、学生時代をこの町で過ごしたかのマルティン・ルターは、幾つもの塔が空へ向かって伸びる様子を見て「塔多きエアフルト」と表現したほど。

そんなエアフルトのシンボル的存在でもあるのが、町の西側に立つ大聖堂。

その外観は一度見たら忘れることができないほどの壮観さを称え、今も昔も訪れる人々を魅了しつづけています。

エアフルト大聖堂の歴史は、742年に司教座としての教会がこの場所に建設されたことから始まります。

教会はその後12世紀にロマネスク様式のバジリカ(キリスト教がローマ帝国内に広まるにつれて、この建築様式が教会堂に利用されたもので、後にロマネスク建築やゴシック建築にも多々利用されて、大聖堂と呼ばれるようになりました)に立て替えられ、その後、14世紀から15世紀にかけての改装ではゴシック様式の内陣や身廊部分が造られ、大聖堂となりました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >