2019/01/28 11:30

【世界の機内食】全日空(ANA)羽田–シンガポール便のエコノミークラスの機内食を食べてみた

東京(羽田・成田)-シンガポール間を1日4便運行しているANA(全日空)。

東京-シンガポール間のフライトは、片道6時間半~7時間半で、深夜発・早朝着の便を利用すれば、仕事帰りにそのままシンガポールへ飛び、短い日数でも現地滞在時間を長めに確保できます。

さて、国際線の楽しみといえば、各エアラインごと特色のある機内食ではないでしょうか。

今回、2019年1月に東京・羽田空港からシンガポール・チャンギ空港へ向かうNH843便、そして、シンガポール・チャンギ空港から羽田空港へ戻るNH844便(往路復路ともにエコノミークラス)に搭乗してきたので、実際に食べた機内食を紹介します。

・羽田→シンガポール(NH843)

深夜0:30に羽田空港を飛び立つNH843便では、離陸後すぐに眠りに入る人が少なくありません。

そのため、ドリンクサービスのあとに提供されるスナックは袋に入っており、乗客が眠っている場合、キャビンアテンダントは前の座席の背についているフックにこの袋を吊り下げていきます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >