2019/02/11 06:30

【東京散歩】台東区・旧岩崎邸庭園で華麗なる近代建築の美にふれる

クリーム色を基調とした洋風建築と、その手前にたたずむシュロの木・・・東京にいることを忘れてしまいそうな光景が広がっているのは、台東区池之端にある旧岩崎邸庭園。

かつてこの地には、三菱の創始者・岩崎弥太郎の長男・久彌が建てた岩崎家の本邸がありました。ジョサイア・コンドルが手がけた洋館と撞球室(ビリヤードルーム)、和館からなる建造物群は、日本の近代建築の先駆け的存在。今では、敷地全体が国の重要文化財に指定されています。

上野公園からほど近いところにある、5000坪もの広大な庭園。その敷地内に足を踏み入れた途端、一気に時間が逆戻りしたような、ノスタルジックなムードに包まれます。

これが個人の持ち物だったとは・・・敷地の広大さと建物の豪華さに圧倒されますが、現存しているのは昔の一部。往時は今の3倍にあたる1万5000坪の敷地に、20棟もの建物が並んでいたというから、ますます驚きです。

旧岩崎邸庭園に現存する3つの建物の中核をなしているのが、エントランスを入ると、正面に見えてくる洋館。鹿鳴館の建築で知られるイギリス人建築家、ジョサイア・コンドルの設計により1896年(明治29)年に完成した本格的洋風建築で、おもに客人を迎えるゲストハウスとして使われていました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >