2019/02/12 06:30

【世界の街角】オーストラリアの歴史が詰まったシドニー市民の憩いの場「ハイドパーク」

オーストラリアの歴史が始まった街、ニュー・サウス・ウェールズ州のシドニーは、オーストラリアのビジネスの中心地。

世界中の大都市のように高層ビルが立ち並んでいますが、昼休みや仕事帰りにのんびりできる大きな公園が数多くあります。

中でもビジネス街から近く、シドニー市民の憩いの場となっている公園の1つが「ハイドパーク」。

今回はシドニー市民の癒しの場所である「ハイドパーク」をご紹介しましょう。

ハイドパークは、16ヘクタールある公園で、東京ドーム3.4個分の大きさ。

南北に縦長となっている公園の真ん中にはメイン通りの「公園通り(Park Street)」が東西に走っており、北側へのアクセスはント・ジェームズ駅(St. James Station)、南側へのアクセスはミュージアム駅(Museum Station)が便利です。

公園が造園されたのは1810年。

江戸時代の文化7年であったこの時代、海外からの侵略に備え、台場と呼ばれる砲台を日本各地に築いていた時代。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >