楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/09/24 06:30

【世界の街角】小さな島の上に広がる街、中世の面影が色濃く残るクロアチアの世界遺産の町トロギールとは?

クロアチア南西部、真っ青なアドリア海に面した沿岸上にトロギールという町があります。中世の面影が色濃く残る旧市街には歴史ある貴重な建物が数多く残され、この町が歩んできた軌跡を物語っているかのよう。ザグレブに次ぐクロアチア第2の都市スプリットからの日帰り旅行先としても人気で、つかの間のタイムスリップを楽しみに沢山の人が訪れます。

2000年以上もの長い歴史を持つトロギール。町の始まりと言われているのは紀元前3世紀頃で、古代ギリシャ人たちが築いた植民都市が古代ローマ時代にかけて大きな港として発展していきました。

12世紀に自治権を獲得して町は発展しますが、15世紀からはヴェネチア共和国による支配がはじまります。18世紀に共和国が崩壊後も各国からの支配が繰り返され、1991年にユーゴスラビアから独立したクロアチアの都市になりました。

トロギールへのアクセス方法はバスまたはフェリー。スプリットから日帰りで訪れるのであれば、筆者はフェリーでの移動を強くおすすめします。船上からでしか見えない角度から町並みを楽しめるほか、のんびりとアドリア海のクルーズ気分が味わえるのがフェリーの魅力。所要時間40分ほどのバスと比べてフェリーは1時間とやや時間はかかりますが、移動中にみえる景色の美しさではフェリーに軍配が上がります。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >