楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/13 06:30

トルコ・イスタンブール歴史地区に残る「シェフザーデ・モスク」はスレイマン大帝の愛息子のためのモスク

トルコ史上最高の建築家と評されるミマール・スィナンは、オスマン帝国を最盛期に導いたスレイマン大帝の時代から宮廷建築家として数々の業績を残しました。

ミマール・スィナンは自伝において、自身の建築家としての歴史を「徒弟の時代」「職人の時代」「親方の時代」という3つの時代にわけています。

具体的には、イスタンブールに現存するシェフザーデ・モスクを建てるまでが「徒弟の時代」、スレイマニエ・モスクを建てるまでが「職人の時代」、エディルネのセリミエ・モスクを建てるに至った以後が「親方の時代」といった区分です。

スレイマン大帝のためのスレイマニエ・モスクや、世界遺産にも登録されているセリミエ・モスクはよく知られていますが、シェフザーデ・モスクとはいったいどのようなモスクで、何のために建てられたのかは、あまり知られていません。

シェフザーデとはトルコ語で「皇子」を意味します。このモスクは、スレイマン大帝の息子、つまり皇子であるメフメトのために建てられたのです。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >