2017/11/23 11:30

ジャズの聖地アメリカ・ニューヨークで老舗ジャズクラブ「ブルーノート」に行ってみた

世界中から集まるパワフルな人々の熱気がこもったニューヨークの街を歩いていると、いつもどこからか自由な音楽のリズムが聞こえてきます。

路上での街頭ライブから地下鉄のプラットホームでのバンド演奏に、電車の中で突然始まるダンスパフォーマンスなどなど。

そんな街中から多くの音楽を感じられるという点においても、ニューヨークが世界中の旅行者から愛される理由の1つかもしれません。

そんなニューヨークには老舗のジャズクラブが集結しています。

もともとアメリカ合衆国ルイジアナ州の港町ニューオーリンズを発祥とするジャズは、当時、アフリカから強制連行された人々や移住者を先祖に持つ欧州系白人と黒人の混血「クレオール」と呼ばれる人々などが作り出した新しいアメリカの文化の一つ。

奴隷制度があった時代の労働者の憤りなどを伝える手段だった音楽がブルースへと発展し、同時期に労働者の溜まり場だった歓楽街で使用されていた楽器と融合したジャズは演奏技術が発達し、アメリカを中心に爆発的に世界へと広まりました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >