2017/06/02 11:30

【世界の美食】伝統的風車小屋レストランで、絶品オランダ料理をたのしむ!オランダ・アムステルダムの「デ・ヨン・ディッカート(De Jonge Dikkert)」


「低い国」を意味するネーデルランド王国(オランダの正式国名)は、その意味の通り、今現在でも国土全体の26%が海抜以下(海より低い)にあります(オランダ統計局発表数値)。

そのため国内に吹き込む風は強く、昔は、風や暴風が来るたびに内陸にまで海水が流れ込んできていました。

そんな時、海水を海に戻すため、当時まだ発明されていなかったエンジンに変わってオランダで活用されたのが風車の動力でした。

今でもオランダではそこら中に風車が広がっていますが、都会の風車は年々減っており、観光客はなかなか簡単に出会うことはできません。

そこで今回ご紹介するのが、都会からほど近いこちらの「風車レストラン」です。

オランダの首都アムステルダムの中心地からトラムで30分ほど、アムステルフェーン(Amstelveen)という地域にある伝統的な風車小屋。

この1672年に建造された古い風車小屋こそが、今回ご紹介する、屋内が本格オランダ料理がコースでいただける、地元民に大人気のレストランなのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

美的センス抜群の日。流行をとりいれつつ、場にマッチするファ...もっと見る >