2017/06/02 06:30

フランクフルトのドイツ映画博物館で知る映画の歴史 / パラパラ漫画からオスカー像、実際に使用されたエイリアンまで

フランクフルトの「博物館通り」。様々なジャンルの美術館・博物館が並ぶこの通りを歩いていると、周囲よりもひときわ優雅な外観の建物が現れます。

それが、ドイツ初の映画博物館として1984年にオープンした「ドイツ映画博物館」。

常設展では映画の歴史や撮影技術の移り変わりにつて学べるほか、実際に使用されたコスチュームなどを間近で見ることが出来ます。

映画に関連した特別展もまた興味深い物が多く、最近では「ひつじのショーン」の撮影で実際に使われた人形などを展示する特別展が開催されていました。

映画博物館というだけあり、入り口の外観はまるで映画館の様です。建物は文化財保護の対象にもなっているヴィラを改装したもの。2009年から2011年にかけて改装も行われ、博物館全体がモダンな雰囲気に生まれ変わりました。

1階部分はミュージアムショップやカフェになっており、展示は2階から。2階の映画や撮影の歴史・技術についての展示は、どれも興味深い物ばかりです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >