2017/05/25 11:30

木組みの家がひしめき合うドイツ・リンブルクの旧市街で、中世へタイムスリップした気分を味わおう!

ドイツ、ヘッセン州の北部にある町リンブルク。少し前には、自宅建設に多額の出費をするなどした司教の贅沢ぶりが日本でも話題になりましたね。

司教の問題で一躍有名になったリンブルクですが、この町を有名にしているのはそれだけではありません。リンブルクは第二次世界大戦の戦火を逃れた事から、保存状態の良い木組みの家が今なお多く残ります。中世の街並みを今に残す古都として、多くの注目を集めている町なのです。

中世にはフランクフルトとケルンを結ぶ交通の要所として栄え、権力と富を築き上げた有力な商人が町を支配していました。

旧市街に足を踏み入れた旅行者は、ここが現代なのか中世なのか分からなくなるような、不思議な感覚に襲われるかもしれません。というのも、細く曲がりくねった道の両側には木組みの家がひしめき合い、現代的な建物が全く見えないのです。

可愛らしい木組みの家が並ぶ旧市街。「ドイツの旧市街」と聞いて私達が想像する街並みが、まさにそのまま再現されています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >