2017/05/15 11:30

【世界の街角】レトロな北欧の街並みが残るスウェーテン・ガムラリンショーピン(Gamra Linköping)を歩く

スウェーデンの首都ストックホルムから鉄道で約2時間ほどの場所にある都市リンショーピン。

この街は、かつてスウェーデンの宗教的中心地として栄えた地方都市です。

人口10万人ほどのこの街では、現在も北欧らしいのどかな空気感が流れ、かつての古き良き時代の街並みが残されています。

それでは、北欧のレトロな景観が残るガムラリンショーピンを訪ねてみましょう。

ストックホルムからの玄関口リンショーピン中央駅(Linköpings centralstation)に到着すると、1872年に建てられたレトロな赤レンガの駅舎が迎えてくれます。

ガムラリンショーピン(Friluftsmuseet Gamla Linköping)は、市内からバスで10分ほどの距離。歴史的な家屋や建物が保存されている野外博物館です。

「ガムラ(Gamla)」という言葉はスウェーデン語で、「古い」という意味になります。

つまり「古いリンショーピンの街」ということ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >