2017/07/22 09:30

【世界の絶景】南米パタゴニアの氷河に登ってきた

パタゴニアとは南米のアルゼンチンとチリの両国にまたがる、南アメリカ大陸の南緯40度付近を流れるコロラド川以南の地域の総称のこと。

パタゴニアという名前の由来は、1520年、フェルディナンド・マゼランという世界一周を世界で初めて達成したといわれている冒険家が、この付近に住んでいた先住民を見て、「パタゴン」(patagon)族と命名した事が始まり。

「パタ」(Pata)とはスペイン・ポルトガル語の「足」という意味で、「ゴン」の意味はわかっていないそうです。そのパタゴン族の住む土地ということからパタゴニアという名がついたと言われています。

パタゴン族はグアナコという、アルパカに似ている動物の毛皮でつくったブーツを履いていたため、当時マゼラン達探検隊にとって、先住民の足が非常に大きく見えていたのではないかと言われています。

そんなパタゴニアには約30もの国立公園があり、そのうちの3つの国立公園が世界遺産に登録されています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >

おすすめキャンペーン