2017/05/17 11:30

【世界の街角】チェコのメルヘンな「だまし絵の街」チェスキークロムロフのラトラーン通りを歩いて見よう

チェコの南ボヘミア州に位置するチェスキークロムロフは、「世界一美しい」と称される世界遺産の街です。

チェスキークロムロフ城を中心に街の建物の多くに「だまし絵」が描かれており、まるでおとぎ話のような世界が広がっています。

フォトジェニックやメルヘンといった言葉がぴったりな、チェスキークロムロフの中心地「ラトラーン通り」を散策して見ましょう。

プラハからバスで3時間程のチェスキークロムロフは、プラハから日帰り観光ができる観光地として人気を集めています。

ラトラーン通りは、理髪橋(Lazebnický most)からチェスキークロムロフ城門前を通り、ブジェヨヴィツェ門(Budějovická brána)まで続きます。

かつてこのエリアは城で働く人や廷臣が暮らした城下町でした。

ラトラーン通り(Latrán)を歩き始めてまず目に入るのは、カラフルなチェスキークロムロフ城と鮮やかな青色の旧聖ヨシュタ教会。

小さな街の規模からイメージ出来ないほど豪華絢爛なお城は、バロック式城内劇用、5階立ての回廊やバロック様式の庭園などを誇ります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >