2017/06/04 11:30

【世界の美食】祇園・南側で頂く最高の和食、京都市東山区「ぎおん 阪川」

日本人だけでなく多くの外国人が訪れる、古き日本の風情が残る場所、京都・祇園(ぎおん)。

江戸時代、広く祇園と呼ばれていたのは、今の八坂神社周辺である。

当時、江戸幕府からのお墨付きを貰って営業を行っていた日本で初めての公娼地「島原遊郭」よりも気楽に遊べるということで発展した祇園は、今でも多くの人々の保存の努力によって、その町並みが守られている。

特に祇園の南側は、「祇園町南歴史的景観保全修景地区歴史的景観保全修景計画」にもとづいて、多くの人々の不断の努力によって、町並みや雰囲気そのものが守られている。

そんな日本の風情が残る場所に1軒の素晴らしい和食を堪能させてくれるお店がある事をご存知だろうか?

それが今回ご紹介する「ぎおん 阪川 (さかがわ) 」である。

・京都祇園でも名店中の名店
こちらのお店、どんな和食の料理人に聞いてもその名前を知られていると言われるほど、有名なお店。

表通りから1本入るというお店の場所が醸し出す空気感も、こちらのお店の持つ素晴らしさの1つ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >