2017/06/21 06:30

地獄の道のりの先に、天国のような絶景!モンテネグロの世界一美しい湾・コトルの城壁にのぼってみた

バルカン半島の小さな国・モンテネグロ。日本人にとってはなじみの薄い国ですが、ここに「世界一美しい湾」とも称される場所があります。

それが、アドリア海沿岸のボカ・コトルスカと呼ばれる地域に位置し、切り立った山々と入り組んだ湾に囲まれた街、コトル。ダイナミックな自然に抱かれた中世の街並みは、「コトルの自然と文化-歴史地域」として世界遺産に登録されています。

そんなコトルを訪れたら見逃せないのが、山の上に築かれた城壁からの眺め。頂上にある要塞からは、コトルの旧市街やコトル湾を一望する、素晴らしい風景が広がっています。

コトルの城壁が始まったのは、9世紀のこと。15世紀に現在見られるような姿が完成したといわれています。城壁の頂上へは、コトルの旧市街から歩いて行くことが可能。ですが、その道のりは生半可なものではありません。

山頂に築かれた要塞があるのは、こんなところ。

旧市街を囲む城壁の外から見てみると、いかに高いところにあるのかがわかります。しかも、頂上まで直線距離で行けるわけはなく、曲がりくねった道に造られた、不揃いな石の階段をひたすらのぼらなければならないのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >