2017/06/08 06:30

世界遺産の橋を一望するボスニア・ヘルツェゴビナの古都モスタルの絶景モスク「コスキ・メフメット・パシナ・ジャーミヤ」

オリエンタルな情緒漂う、ボスニア・ヘルツェゴビナの古都、モスタル。この街の代名詞が、ネレトヴァ川に架かる橋「スターリ・モスト」です。

ボスニア語で「モスタル」は「橋の守り人」を意味し、その名の通り、モスタルの街はこの橋を中心にして発展してきました。

スターリ・モストはもともと、モスタルがオスマン朝の支配下にあった1566年に建設されましたが、ボスニア紛争中の1993年に破壊されてしまいます。ユネスコの協力を得て2004年に再建され、いまでは、平和と民族融和を象徴する世界遺産として大切にされています。

そんな世界遺産の橋、スターリ・モストを最もよく見渡せるのが、「コスキ・メフメット・パシナ・ジャーミヤ」。

ネレトヴァ川のほとりにたたずむ1618年創建のイスラム教のモスクで、その庭やミナレット(尖塔)は絶好の撮影スポットとなっています。

「ヨーロッパの国でイスラム教のモスク?」と思われるかもしれませんが、ボスニア・ヘルツェゴビナの人口の約48パーセントを占めるボシュニャク人の多くが信仰するのはイスラム教。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >