2017/07/07 06:30

「モンテネグロのクウェート」と呼ばれるリゾート地、ブドヴァってどんなとこ?

旧ユーゴスラビア連邦の構成国で、2006年に独立したバルカン半島の国、モンテネグロ。

日本ではあまりなじみのない国ですが、最近だんだんとと知られるようになってきた世界遺産の街・コトルの名を聞いたことがある人もいるかもしれません。

モンテネグロは、人口わずか62万、面積は福島県と同じくらいの小国でありながら、4つの国立公園を有し、293キロに及ぶ海岸線のうち、73キロがビーチになっているという、豊かな自然に恵まれた国です。

そんなモンテネグロ屈指の観光地が、ブドヴァ。「ブドヴァンスカ・リヴィエラ」と呼ばれる25キロにわたる海岸線の中心地で、アドリア海に面したリゾートタウンとしてその名をとどろかせています。

少ない人口のわりに、多くのミリオネアが暮らしていることから、「モンテネグロのクウェート」とも呼ばれているのだとか。

モンテネグロ自体は非常に若い国ですが、2500年もの歴史をもつブドヴァは、アドリア海沿岸で最も古い都市のひとつ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >