2017/06/14 06:30

チェコ・リトミシュル聖十字架発見教会 / 屋上から見る世界遺産リトミシュル城

チェコ共和国ボヘミア地方東部、パルドゥビツェ州にある町リトミシュル(Litomyšl)。

この町のシンボルでもあるユネスコ世界遺産・リトミシュル城の近くに、聖十字架発見教会という教会があります。この教会は、エスコラピオス修道会の聖堂として1714年~1722年の間に建てられました。

建設後4回の火事に遭い、そのたびに修復と再建が行われて、現在の姿になったといいます。

バロック式の教会としては珍しく、もともと壁のペインティングは少なかったのですが、現在壁はグレーに塗られています。これは、火事のときの煙を連想させ、注意を喚起するためだとか。

火事に遭ったためにオリジナルのものはあまり残っていませんが、教会内のベンチはオリジナル。ベンチについている黒い焼け跡は、タバコの火ではなく、火事で焼けた屋根が落ちてきたときについたものだそうです。

2011年から2014年に再建が行われ、現在は、アートギャラリー、ミュージックホール、コンサート会場、そして結婚式場として使われています。夜はレーザービームも出るのだとか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >