2017/06/23 11:30

「宝石」と称される、日本人が知らないドイツの美しい街・ゲンゲンバッハを訪ねて

ドイツには、日本では知られていない中世の面影を残すロマンティックな街がたくさんあります。そのひとつが、ドイツ南西部・黒い森地方に位置するバーデンワイン街道沿いの街、ゲンゲンバッハ。

木組みの建物が並ぶ美しい街並みと、花にあふれた風景から、「バーデン地方のニース」「ロマンチックな宝石のような街」と称えられています。

この街を有名にしているのは、なんといっても世界最大級のアドベントカレンダー。アドベントカレンダーとは、クリスマスの準備をしながらカウントダウンを行うためのカレンダーで、ゲンゲンバッハでは、市庁舎の24個の窓を使って、カレンダーに仕立てているのです。

ゲンゲンバッハで最も美しいといわれる市庁舎は、ロココ様式と初期古典様式の要素をあわせ持つ壮麗な建造物。三角形の切り妻屋根の上の三体の像は、正義の神と知恵の神、裕福な貴族を象徴しています。

市庁舎前のマルクト広場では、11月下旬から12月23日までクリスマスマーケットが開催され、期間中は一日にひとつずつ、絵が描かれた窓が公開されます。すべての絵が眺められるのは12月23日。それから、新年の最初の一週間ぐらいまでその姿を楽しむことができます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >