2017/08/09 06:30

まさに奇跡!ドイツ・ヒルデスハイムの聖マリア大聖堂に1000年以上生きている薔薇が存在する

ドイツ、ニーダ―ザクセン州。ハノーファーから電車で30分ほどの場所にあるヒルデスハイムという町には、1000年以上生き続けているという薔薇があります。

その薔薇があるのが、世界遺産にも登録されている聖マリア大聖堂です。ロマネスク様式の大聖堂は11世紀に完成し、その後も拡張が繰り返されました。

この大聖堂の中庭に茂っているこの薔薇が、1000年以上生きているという伝説を持っているのです。

薔薇にはカール大帝の子、ルートヴィヒ敬虔王にまつわる伝説があります。9世紀の初め、彼は狩りに行く際、礼拝に使う聖遺物容器も持っていきました。しかしそれを森に忘れて探しに戻り、薔薇の茂みに引っかかっている容器を発見します。

容器を薔薇の茂みから取り出そうとする王ですが、どうしてもとることが出来ません。彼はこれを神のお告げと悟り、薔薇の茂みがある場所に礼拝堂を建てたのです。そしてその礼拝堂こそが、ここにある聖マリア大聖堂なのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >