2017/07/19 06:30

ドイツ発祥の地、世界遺産の1000年の古都・クヴェトリンブルクが驚くほど美しい

ドイツのほぼ中央に位置するハルツ地方。ハルツの山には魔女が住んでいたという伝説もあり、どこか神秘的な雰囲気が残るこのエリアは、ドイツの秘境的存在です。

日本ではほとんど語られることはなく、まさに知る人ぞ知る地方ですが、実は個性豊かな中世の街の宝庫なのです。

そのひとつが、1000年の歴史をもつ古都・クヴェトリンブルク。ドイツの初代王、ハインリヒ1世が創設したザクセン王家の重要な拠点として位置づけたため「ドイツ発祥の地」とも呼ばれています。

ほとんど戦災を受けなかったため、交易で栄えた中世の時代の面影をそのままに残すクヴェトリンブルクの街。

世界遺産に登録されている旧市街には、なんと1300もの木組みの建物が残されていて、あらゆる建築様式と時代の木組みの建物を見ることができます。クヴェトリンブルクは、まさに天井のない木組みの家の博物館といえるでしょう。

世界遺産として登録されている範囲は80ヘクタールにも及び、これはドイツで最大の文化遺産。そのことからも、クヴェトリンブルクがいかに特別な街なのかがわかります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >