2017/07/14 11:30

まるで宮殿!世界遺産の壮麗な市庁舎とローラント像は自由都市・ブレーメンの宝物

「ブレーメンの音楽隊」であまりにも有名な北ドイツの都市、ブレーメン。しかし、この街に世界遺産があることは意外と知られていないのではないでしょうか。

世界遺産に登録されている建造物が、旧市街の中心・マルクト広場に面して建つ市庁舎とその向かいにたたずむローラント像。ブレーメンが自由ハンザ都市として栄華を極めた時代の空気を今に伝える、「ブレーメンの顔」ともいえる存在です。

1405年から1410年にかけて建設された市庁舎は、北ドイツで最も重要な建築物のひとつ。全体としてはゴシック様式ですが、マルクト広場に面した正面部分は200年後に北ドイツ独特のヴェーザー・ルネッサンス様式で増築されました。

マルクト広場から市庁舎のファサードを見上げると、無数の精巧な彫刻で彩られたその豪華絢爛ぶりに圧倒されます。当時のブレーメンがいかに力をもつ都市であったのかが一目瞭然ですね。

市庁舎の前に立つローラント像は、ブレーメンの自由と平和のシンボル。台座や天蓋を合わせると、その高さは10.21メートルに達し、中世に造られたものとしてはドイツで最大の自立式彫像です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >