2017/07/10 11:30

【世界で最も素敵な瞬間】トルコ・ボスポラス海峡のマジックアワー

カッパドキアやパムッカレ、エフェスの遺跡などが有名なトルコの玄関口イスタンブール。

ヨーロッパとアジアの境界線にはボスポラス海峡があり、金角湾という入り江が、旧市街と新市街をガラタ橋で結んでいます。

ボスポラスとは「牝牛の渡渉」という意味。

ギリシャ神話の中で、ゼウスが妻ヘラを欺くため、不倫相手のイオを牝牛の姿へ変えてしまうのですが、ヘラはそれを見破り恐ろしいアブを放ちました。

そのためイオは世界中を逃げ回ることになり、牛の姿のままこの海峡を泳いで渡ったとされています。そんなギリシャ神話の逸話から名前がつけられた海峡、それがボスポラス海峡です。

そんなボスポラス海峡では、朝はヨーロッパ側から、夕方はアジア側から素敵なマジックアワーを楽しむことができます。

金角湾のアジア側から見ると、朝日がヨーロッパ側から昇り始めます。

サバ釣りの場所としても有名で、日の出前から多くの釣り人が釣り糸を海へと垂らしています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >