2017/07/13 11:30

「ハンザの女王」と称されたドイツの世界遺産の町リューベックで美しい街並みを楽しむ

北ドイツの町リューベック。かつてのハンザ同盟の盟主として繁栄した町では、いまでのその名残が色濃く残っています。

世界遺産に登録されている街並みは、「ハンザの女王」と称えられるほどの美しさ。そんなリューベックの旧市街を歩いてみましょう。

旧市街の入り口に堂々と構えているのが、このホルステン門。町の防衛を目的として15世紀に建てられました。ユーロ導入前は50マルク紙幣にこの門が描かれおり、ドイツ人なら誰でも知っているといっても過言ではないほどの有名な門です。

よく見ると少し傾いている様に見えますが、これは門の重みで地面に沈んでしまった部分があるからです。これだけどっしりとした門なのですから、その重みも相当な物なのでしょう。

町の中心であるマルクト広場に建っている市庁舎。黒いレンガが使われたゴシック様式の建物やルネサンス様式のアーケードなど、異なるスタイルが混ざり合って独特な雰囲気が漂っています。

建物の上部には風を通すための丸い穴も開けられています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >