2017/07/10 06:30

【世界の街角】お得にクルーズが楽しめる、デンマークの水の都・コペンハーゲンの「水上バス」に乗ってみた

デンマークの首都・コペンハーゲン。「商人の港」の意味をもつこの街は、多くの運河が張り巡らされた、美しき水の都です。

バスが発達しているコペンハーゲンでは、市バスに乗れば市内のどこにでも行けるといっても過言ではありません。しかも、市バスの路線のうち、991、992、993番は運河を運行する水上バスなのです。

観光客向けのクルーズボートではなく、市民の足として水上バスが活躍しているのは、古くからの港町・コペンハーゲンならでは。水上バスとはいったいどのようなものなのか、実際に体験してみました。

スタート地点は、かの有名な人魚の像からもほど近い、聖アルバニ教会から徒歩すぐの停留所「Nordre Toldbod」。ここから991番と992番の水上バスが出ていて、番号と行き先の下に、次のバスが到着するまでの所要時間が表示されています。

チケットは道路を走る市バスと共通で、24クローネのシングルチケットで、「Nordre Toldbod」(人魚の像付近)~「Det Kongelige Bibliotek」(王立図書館)間に乗車することができます。コペンハーゲンには観光客向けの運河クルーズもありますが、市民の足としての水上バスは料金が圧倒的に安いのが魅力。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >