2017/08/19 06:30

世界3大がっかり名所、デンマーク・コペンハーゲンの人魚像がどのくらいがっかりなのか検証してみた

おとぎの国・デンマークといえば、童話作家のアンデルセン。彼が生んだ「人魚姫」や「みにくいアヒルの子」といった物語は、不朽の名作として、今も世界中で語り継がれています。

首都・コペンハーゲンの水辺にたたずむ人魚像は、デンマークを代表する観光スポットのひとつ。ところが、この人魚像は、「世界3大がっかり名所」としても知られているのです。

ちなみに「世界3大がっかり名所」のあと2つは、シンガポールのマーライオンと、ベルギー・ブリュッセルの小便小僧です。

ということで、コペンハーゲンの人魚像はどのくらいがっかりなのか、実際に行って確かめてみました。

コペンハーゲンの中心部からはやや離れた北側の運河沿いにたたずむ人魚像。市内中心部から歩くにはやや遠いですが、26番の市バスに乗って「Indiakaj」で下車すれば徒歩すぐです。

水辺を歩いていると、突如として大型の観光バスや、アイスクリームや土産物の屋台、人だかりが現れ、にぎやかになってきました。人魚像がすぐ近くにあるに違いありません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >

おすすめキャンペーン