2017/07/18 11:30

「ハムレット」の舞台は世界遺産、デンマークの古城・クロンボー城を訪ねて

「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ(“To be, or not to be, ― that is the question.”)」。

これは、シェイクスピアの4大悲劇のなかでも傑作との呼び声高い「ハムレット」に登場する名台詞です。「ハムレット」は、ある日突然デンマーク王が亡くなり、王の死が叔父の仕業であると知った王の息子ハムレットが、復讐を果たそうとする物語。

デンマークの首都・コペンハーゲン近郊の港町・ヘルシンオアに、「ハムレット」の舞台として知られる世界遺産の古城、クロンボー城があります。

クロンボー城が築かれたのは15世紀のこと。エリック7世王が海峡の通行税徴収のために建てた城がはじまりでした。わずか5キロ先の対岸にスウェーデンの街・ヘルシンボリを臨むヘルシンオアは、海上交通の重要な拠点だったのです。

1629年には火災によって焼け落ちましたが、クリスチャン4世によってただちに修復されました。その後幾度かの戦争と都度の改修を経て、1924年の改修後に現在の姿となっています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >