2017/07/25 06:30

独特の世界、コペンハーゲンにあるヒッピーの楽園「クリスチャニア」に潜入してみた

デンマークの首都コペンハーゲンに、「ヒッピーの楽園」と呼ばれる場所があるのをご存じでしょうか。

それが、1971年に誕生したヒッピーたちの自治コミュニティ「クリスチャニア」。日本ではあまり知られていませんが、ヨーロッパでは超有名な存在で、なんと年間50万人もの観光客が訪れるといいます。

地下鉄のクリスチャンハウン駅から歩くことおよそ10分。整然としたコペンハーゲンの街で、突如としてヒンドゥー教の神々などが描かれたカラフルな壁画が目に飛び込んできます。この先がクリスチャニアです。

敷地内に入ると空気が一変。コペンハーゲンの他のエリアとはまったく異なる、独特のディープな雰囲気が漂います。

もともと軍用地だったというこの場所。当初は少数のホームレスが不法侵入している程度でしたが、1971年に近所の人々が子どもたちの遊び場にするためにフェンスを壊し、さらにジャーナリストのヤコブ・ルドヴィクセンの手によってクリスチャニアは一般に開放されました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >