2017/07/23 10:30

【ニッポンの絶景】日本三名橋のひとつ山口県岩国市の錦帯橋

日本には木造の橋としては世界最大級とも言える橋があります。

それが山口県岩国市にある錦帯橋です。

近くにある広島県の世界遺産である宮島と一緒に楽しめるため、多くの観光客が訪れるスポットになっています。

今回は山口県岩国市が世界に誇る橋、錦帯橋をご紹介しましょう。

1600年、関ヶ原の戦いで破れ岩国に移封された岩国藩の初代藩主・吉川広家は、関ヶ原の戦いから8年後の1608年に、この地にある横山の山頂に岩国城を築城します。

その岩国城のある山のふもとには、城下町が形成されていきます。その城下町を分断しているのが、錦帯橋がかけられた川、錦川です。

かつて錦川は暴れ川とも呼ばれるほど氾濫を繰り返しており、川に架けられた橋を落とすことで有名でした。

橋が落ちる事で城下町はたびたび分断され、城下町の生活にも深刻な影響が起きていました。

1673年、第3代藩主・吉川広嘉は、とうとう錦川に流れない橋を架けることを決意し、これまでの技術の応用ができない、前代未聞の橋を錦川に架ける事になります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >