2017/10/04 06:30

ラトビアの首都リガのユーゲントシュティール博物館で、まるごとアールヌーヴォーの世界を体感

世界屈指のユーゲントシュティールの都、ラトビアの首都・リガ。

「ユーゲントシュティール」とはドイツ語で、19世紀後半から20世紀の初めにかけてヨーロッパで流行した新芸術様式を指します。曲線や植物文様を多用した、従来の様式にとらわれない装飾性が特徴で、日本ではフランス語での呼称「アールヌーヴォー」のほうが馴染みがありますね。

リガの建築ブームとユーゲントシュティールの隆盛期がちょうど重なったことで、1900年ごろからわずか十数年のあいだに膨大な数のユーゲントシュティール建築が建てられました。

リガ中心部の建物のおよそ4割がユーゲントシュティール建築といわれるほどで、リガは知る人ぞ知るヨーロッパ最大級のユーゲントシュティール建築群を有しているのです。

そんなリガのユーゲントシュティール建築群の中心地が、新市街のアルベルタ通り周辺。リガにおける初期ユーゲントシュティール建築の旗手、ミハイル・エイゼンシュテインが手がけた独創的な傑作が集まっています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >