2017/07/28 06:30

【世界のカフェ】マジパンの部屋も必見!世界遺産の街・タリン最古のカフェ「マイアスモック」

中世の面影を色濃く残す、エストニアの首都・タリン。13世紀にハンザ同盟に加入し、ヨーロッパとロシアを結ぶ交易の拠点として繁栄しました。

当時の栄華を今に伝えるタリンの旧市街は、まるごと世界遺産に登録されています。

そんな旧市街にある、1864年創業のタリン最古のカフェが「マイアスモック(Maiasmokk)」。店名はエストニアで「甘党」を意味するのだそう。旧市街のほぼ中心、精霊教会の向かいに位置するクリームイエローの建物内で営業しています。

気軽に利用できるカフェは1階にあり、2階ではケーキに加え、スープやサラダ、軽いメイン料理などの食事も楽しむことができます。

ダークウッドでまとめられた空間に、黄金色の模様が施された優雅な天井が華を添える店内は、クラシカルで落ち着いた雰囲気。

観光地の中心でありながらゆったりとした時間が流れ、「大人の社交場」といった趣です。この内装は、もう100年以上もほとんど変わっていないのだとか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >