2017/07/30 06:30

デンマークが生んだ童話王・アンデルセンゆかりの地を訪ねるコペンハーゲンの旅

デンマークが生んだ世界的な童話作家といえば、ハンス・クリスチャン・アンデルセン。

彼が生んだ「みにくいアヒルの子」や「人魚姫」などの名作は、日本でも知らない人はいないといってもいいほど有名。子ども時代に彼の物語に親しんだ記憶をもつ人も多いことでしょう。

オーデンセの貧しい家の子として生まれた少年時代のアンデルセンは、夢想家で友達も少なく、家にこもって人形芝居で遊んでばかりいたといいます。

成長するにつれてますます空想と芝居の世界に夢中になった彼は、演劇の道に進むことを決意し、1819年に首都コペンハーゲンへと移り住みました。

俳優の夢は諦めたものの、劇作家としての夢は諦めずに執筆を続けていたアンデルセン。その頃にたまたま書いた童話が評判となり、1835年に「即興詩人」「親指姫」といった代表作を発表すると、彼の名はデンマークのみならず、ヨーロッパ中、さらには世界へと知れ渡ることとなったのです。

生涯を通じて結婚することも定住することもせず、「旅こそは我が人生」の言葉通り、アンデルセンはヨーロッパ各地を旅しながらイマジネーションを磨き続けました。1875年にその生涯を閉じ、コペンハーゲン市内の教会の墓地に眠っています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >