2017/07/31 11:30

ハートの窓や160枚の天井画がフォトジェニック!風鈴まつりも開催中の京都府綴喜郡宇治田原町「正寿院」

京都府南東部に位置する「宇治田原町」。鎌倉時代に茶の栽培がはじまり、江戸時代中頃、現代の緑茶製法の礎となる「青製煎茶製法」がこの地で生まれました。

まさに日本緑茶のふるさとといえるお茶の京都「宇治田原町」では、丘陵地を中心に美しい茶園が広がっており、近年では茶屋や洋菓子店、レストランなどでお茶グルメを堪能できるほか、茶摘みやヨガ、お寺参拝など自然遊びを満喫できるスポットが数多くあります。

その歴史ある町でオススメしたいのは、癒しのパワースポットでSNSでも話題のお寺「正寿院(しょうじゅいん)」。正寿院は、京都府綴喜郡宇治田原町にある高野山真言宗の仏教寺院です。創建年は800年ほど前。高野山真言宗に属し、慶長年間に祐胤(ゆういん)大徳が中興されたとされています。

・客殿(則天の間)の猪目窓

正寿院に行ったら絶対に見学していただきたい場所は、客殿の「猪目窓」。猪目(いのめ)とは、日本古来から使われているハートの形によく似ている図柄です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >