2017/09/15 06:30

ブルガリア・ソフィアのシンボルは世界最大級の正教会聖堂、アレクサンドル・ネフスキー大聖堂

ブルガリアの首都・ソフィアのシンボルといえば、なんといってもブルガリア総主教の本拠地でもあるアレクサンドル・ネフスキー大聖堂。5000人を収容するブルガリア最大かつ最も美しいといわれる大聖堂で、正教会の聖堂としては世界最大級の規模を誇ります。

高さ45メートルの中央の金色のドームをはじめ、12のドームをもつネオ・ビザンティン様式の壮麗な建築物は、一度見ると忘れられないインパクト。

大聖堂の建設が始まったのは1882年のこと。ブルガリアがオスマン帝国の支配から独立するきっかけとなった露土戦争で戦死した、およそ20万人のロシア人兵士の慰霊するため、30年の歳月を費やして完成しました。

大聖堂の名前になっているアレクサンドル・ネフスキーとは、13世紀にウラジーミル大公国の大公であった人物で、中世ロシアの英雄とたたえられる聖人です。

建設にはブルガリア人だけでなく、ロシア人やハンガリー人といったヨーロッパの建築家や芸術家が携わり、大理石の部分と照明設備はドイツのミュンヘンで、門の金属部はベルリンで、門はオーストリアのウィーンで造られるなど、国際的な一大プロジェクトに発展しました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >