2017/09/01 06:30

【世界の市場】日本人が知らないヨーロッパ、首都プリシュティナのマーケットに見るコソボのいま

東ヨーロッパはバルカン半島に位置する小国、コソボ。かつてはユーゴスラビアのセルビアの一部でしたが、2008年に独立を宣言したヨーロッパで最も若い国です。

セルビア、モンテネグロ、アルバニア、マケドニアに囲まれた、人口およそ180万人、面積は岐阜県と同程度という小さな国ゆえ、日本人にはほとんどなじみがありません。

コソボといえば、1990年代のコソボ紛争のイメージが強く、紛争以外のイメージがわかないという人も多いことでしょう。いまだに危険なのではという印象を持たれがちですが、2017年8月現在、セルビアとの国境に近い北部の一部地域を除き、治安は安定していて、コソボを訪れる外国人旅行者も増えつつあります。

日本人にとってはほとんど「未知の世界」といっても過言ではない、コソボ。首都・プリシュティナのオールドマーケットから、今のコソボの姿を見てみましょう。

オールドマーケットは旧市街にあるプリシュティナ最大のモスク、ファーティヒ・ジャーミアの周辺に広がっています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >