2017/09/04 11:30

ルーマニアきっての美城も!「カルパチアの真珠」とうたわれるシナイアの魅力

「カルパチアの真珠」とうたわれるルーマニアの山あいの町、シナイア。標高2000メートル級の山々が緩やかに連なるカルパチア山脈が織り成す四季折々の自然美が楽しめる景勝地です。

町の歴史は17世紀にシナイア僧院が建立されたことにはじまり、18世紀になるとブカレストの王侯貴族たちの別荘地として栄えました。優雅な館が点在する緑豊かな町並みは、どこか日本の軽井沢にも似ています。

シナイアのメインストリートが、駅前から延びるカロル1世通り。レストランやホテル、土産物屋などが並ぶにぎやかな通りで、西ヨーロッパのような雰囲気が漂っています。

シナイアの代名詞存在ともいえるのが、町の名前の由来にもなったシナイア僧院。

17世紀にルーマニア人貴族ミハイ・カンタクジが現在のイスラエルに巡礼の旅に出かけ、聖書にも登場するシナイ山を訪問しました。帰国後、ここに「シナイ山」にちなんでシナイア僧院を建てたのです。

シナイア僧院には1846年に建てられた大教会と、創建当初からほとんど変わっていない古い教会の2つの教会があります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >