2017/10/23 11:30

世界遺産の町、リトアニアの首都・ヴィリニュスで見るべき美しい教会6選

旧市街がまるごと世界遺産に登録されている、リトアニアの首都・ヴィリニュス。

「バルト三国」と呼ばれるエストニア・ラトビア・リトアニアのうち、最も南に位置するリトアニアは、とりわけ敬虔なカトリック教徒が多い国です。

世界遺産の町・ヴィリニュスには、狭い範囲に驚くほど数多くの教会が並んでいて、「ヴィリニュス観光=教会めぐり」といっても過言ではありません。ヴィリニュスに数ある教会のなかでも特に見ごたえのある6つの教会をご紹介しましょう。

・大聖堂

ヴィリニュスのシンボル的存在の主教座教会。ギリシア神殿を思わせる白亜の外観と、大きな鐘楼が印象的です。

もともとこの地には雷(ペルクーナス)を祀る神殿があったといわれていて、最初の教会が建てられたのは13世紀、ミンダウガス王の時代のことでした。その後、破壊や再建、増改築が行われ、現在のクラシック様式の建物は18世紀に行われた大改築によるものです。

内部はいくつものスペースに分かれており、最大の見どころは17世紀のバロック様式で造られた聖カジミエルの礼拝所。8体の王の像や漆喰彫刻、フレスコ画などで飾られた壮麗な空間は圧巻です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >