2017/11/06 06:30

意外と癒し系!?ルーマニアにある「ドラキュラ城」、ブラン城に行ってみた

誰もが知っているといっても過言ではない、「吸血鬼ドラキュラ」の物語。その舞台となったルーマニアには、今も「ドラキュラ城」として知られる古城があります。

それが、トランシルヴァニア地方に位置する古都・ブラショフ近郊にたたずむブラン城。

岩山の上にたたずむ堅牢な城は、まさにドラキュラの世界観にぴったり。どこかミステリアスな空気をまとうブラン城の姿を見れば、物語の舞台になるのもうなずけるというものです。

これまでに何度も映画化されているドラキュラの物語ですが、もともとはアイルランドの作家ブラム・ストーカーの小説「吸血鬼ドラキュラ」にはじまります。

彼は、1431年に生まれたワラキア公、ヴラド・ツェペシュ(ヴラド3世)をモデルに、ルーマニアを舞台としたドラキュラの物語を創り上げました。

とはいえ、ヴラド・ツェペシュが人の生き血を吸うような人物であったわけではなく、吸血鬼ドラキュラのイメージは、1872年に発表された小説「カーミラ」に登場する女吸血鬼のイメージに影響されています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >

おすすめキャンペーン