2017/10/28 06:30

【世界の街角】ラインの宝石と呼ばれるスイスの美しい街「シュタイン・アム・ライン」

スイス北部、ドイツと国境を接するライン川沿いの町シュタイン・アム・ライン。この小さな町はその美しさから「ラインの宝石」との異名を持っています。

旧市街にある建物の壁にはどこも繊細なフレスコ画で彩られ、それはまるで屋外ギャラリーのよう。そんな見る者を圧倒する町シュタイン・アム・ラインの魅力を紹介します。

ライン川と並行して広がる旧市街。ここへ一歩踏み入れた際に筆者が思わず「美術館みたい」と口に出してしまったほど、そこには芸術的な風景が広がっています。

両側に立つ家々には繊細で美しいフレスコ画が描かれ、旧市街全体がひとつの美術館のようになっているのです。

ここに描かれている画は全てが同じ時期ではなく、様々な年代に描かれたものです。中でも最も長い歴史を誇るのは、ホテル「ヴァイサー・アドラー」の壁に描かれた16世紀初頭のもの。この町の中のみならず、スイス全土においても現存している物では最も古いフレスコ画です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >