2017/09/03 11:30

世界遺産の町、中世薫るエストニア・タリンの観光スポット7選

フィンランドのヘルシンキから日帰り旅行ができるとあって、人気上昇中のエストニアの首都・タリン。北ヨーロッパで最もよく保存されているといわれる旧市街は、まるごと世界遺産に登録されています。

1219年、デンマーク人によってトームペアの丘に城が築かれた後、ドイツ人の入植が進み、13世紀半ばにはハンザ同盟に加盟。ロシアとヨーロッパを結ぶ貿易の中継地点として大いに繁栄しました。タリンの旧市街には、今なおかつての繁栄ぶりを物語る歴史遺産が数多く残されています。

中世の息づかいが感じられるメルヘンチックな町、タリンの旧市街で訪れたい7つのスポットをご紹介します。

・ラエコヤ広場

タリン旧市街の中心が、旧市庁舎が建つラエコヤ広場。タリン旧市街の「へそ」のような存在で、旧市街をぶらぶら歩いているといつの間にかここにたどり着いているということがしばしばあります。

広場では季節によってさまざまなイベントやマーケットが開催され、いつも多くの人々でにぎわっています。ここで開催されるクリスマスマーケットは有名。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >