2017/08/27 06:30

【世界の街角】ハンガリー・ブダペスト観光のハイライト!ブダ地区とペスト地区を巡る

ハンガリーの首都ブダペストは街の中心を南北に流れるドナウ川を挟みブダ地区とペスト地区に分かれ、それぞれ異なる魅力を放ちます。

「東欧のパリ」と称されることだけあり、ブダペストの街並みの優雅さは格別のもの。

それではブダ地区からスタートしてペスト地区までぐるりと街を散策してみましょう!

ブダペストの象徴的な建物である国会議事堂はネオゴシック様式の華やかな建築物。数多くの高い尖塔とルネッサンス様式のドームとの調和が芸術的で壮麗な印象。対岸のブダ地区側からは、全長268メートルもある建物の全貌をしっかりと写真に収めることができます。王宮の丘の坂道を進んで行くと、白亜の不思議な建造物が姿を現します。ネオロマネスク様式のどこか異国情緒が漂う個性的な建築は「魚夫の砦」です。砦と言う名前ですがハンガリー建国千年の際に景観美化のために建設されたもので、かつてこの近くに漁師の組合があったことから「漁夫の砦」という名前がついたと言われています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >