2017/10/24 06:30

【世界の絶景】魅惑のインド・ラジャスターン地方の3つのカラフルな町をめぐる

インドで最もエキゾチックなエリアといえば、北インドに広がる砂漠地帯・ラジャスターン地方。町ごとにまったく異なる風景、色鮮やかな民族衣装や雑貨の数々・・・他にはない独特の異国情緒が世界中の旅人を惹きつけてやみません。

ラジャスターン地方のなかでも特に人気の高い、色にちなんだ異名をもつ3つの町をめぐってみましょう。

・ピンクシティ・ジャイプール

ラジャスターン州の州都・ジャイプールは、1728年にマハラジャのジャイ・シン2世によってつくられた町。インドの歴史都市としては珍しく碁盤目状に整備されていて、美しい赤砂岩の建物で統一された町並みから、「ピンクシティ」の愛称で親しまれています。

ラジャスターン州の観光都市のなかでは最も首都デリーに近く、アクセスが便利なことから、最も多くの外国人観光客の姿を目にする町でもあります。布製品や宝石が安価で買えるショッピングシティとしても有名で、ロマンティックな町並みとあわせて、特に女性に大人気。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >