2017/09/24 11:30

じっくり見たら1日でも足りない!?ドイツ・シュトゥットガルトのメルセデス・ベンツ博物館でクルマの歴史を学ぶ

ドイツを代表する自動車メーカーであるメルセデス・ベンツは、技術者カール・ベンツによって1886年に創設された、世界でも最も古い自動車メーカーのひとつです。

日本では高級車というイメージが強いメルセデスですが、ドイツでは個人の車のみならずバスやタクシー、トラックなども扱われ、人々の身近な存在です。

そんなメルセデスについて詳しく知る事のできる博物館が、同社の本拠地であるシュトゥットガルトにあります。2006年にドイツで開催されたサッカーワールドカップを機に設立されたこの博物館。これまでに800万人以上が訪れるという大変人気の高い博物館です。

中に足を踏み入れると、そこに広がっているのは近代的でスタイリッシュな世界。まるで映画のワンシーンの様ですね。チケットを購入したらオーディオガイドを受け取り、エレベーターで一番上まで登ります。

館内は7つのテーマに別れた「レジェンド」エリアと4つのテーマに別れた「コレクション」エリアという構成になっています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >