2017/09/27 11:30

ドイツの黒い森に点在する小さな町の1つ「アルピルスバッハ」はビールと修道院の町

ドイツの黒い森に点在する小さな町。ひとつひとつの町は小さくとも、それぞれが異なる魅力を持ち、旅人はそれに引き寄せられてやってくるのです。

今回ご紹介するアルピルスバッハ(Alpirsbach)もそんな独特な個性を持つ町のひとつ。

黒い森の北部に位置するアルピルスバッハは、1000年ごろから人々が住み始めたと言われています。その後はこの地に修道院が建てられたほか、17世紀になると周辺の山から採れる金や銀などがこの町に富をもたらしました。現在は「ビールと修道院の町」と知られているほか、木組みの家が並ぶ街並みは古き良きドイツの風景を思い起こさせてくれます。

この町のシンボルとも言えるかつてのベネディクト派修道院は11世紀に建てられたもの。中世には敬虔な修道僧が、日々この場所で祈りをささげていました。900年以上にわたる長い歴史の中、この町で起こった様々な出来事を目撃してきた修道院。修道院自体は19世紀になってから廃止されてしまいましたが、この場所はいまでも人々の信仰の場となっています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >