2018/01/03 06:30

「北のジブラルタル」と呼ばれる世界遺産の要塞都市、ルクセンブルクの旧市街を歩く

その周囲をフランス、ドイツ、ベルギーの三国に囲まれたヨーロッパの小国、ルクセンブルク。日本ではあまり馴染みがありませんが、一人あたりのGDP(国内総生産)が世界一を誇る世界屈指の富裕国です。

さらに、ロンドンに次ぐヨーロッパの金融センターを有していて、小国ながらその存在感は決して小さくありませせん。

首都のルクセンブルク市は、「北のジブラルタル」の異名をとる堅固な要塞都市。岩山と水路を利用した天然の要塞機能をさらに強化し、長きにわたって難航不落とされた城砦が築かれました。

国際機関が集まる近代的な高層ビルが並ぶ新市街と、城壁に沿った旧市街というまったく異なる2つの顔をもつユニークな街で、丘の上にある旧市街と要塞は「ルクセンブルク市:その古い街並みと要塞群」の名で、世界遺産に登録されています。

旧市街のランドマークが、端正な尖塔が印象的なノートルダム寺院。17世紀に建てられたイエズス会の教会で、現在見られるのは1935~1938年にかけて再建された姿です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >