2017/10/12 11:30

エストニアのオーガニック・ハーブガーデン「タンメ・ファーム」へ行ってみよう!

エストニアの人々にとって、ハーブは古くからいつも身近にあるもの。

ハーブティーにしたり、料理やパン作り・お菓子作りに使ったり、ボディケアに使ったり、自然療法にハーブを用いることも少なくありません。

さて、今回はエストニアの西部、パルヌ(Pärnu)からほど近くにあるオーガニック・ハーブガーデン「タンメ・ファーム(Tamme Talu)」を訪ねました。

なお、「タンメ(Tamme)」はエストニア語で「樫の木」の意味。

こちらでは3人のスタッフが敷地内の庭でハーブを育て、一年中ハーブ入り商品を作っています。

ハーブ入り商品はエストニア中のお店に卸しているほか、フェアやお祭りなどに出店して販売することもあるとのこと。

タンメ・ファームのハーブガーデン見学

スタッフさんに案内してもらって、ハーブガーデンを見学。

こちらは「ムナルダ」というハーブティー用のお花です。

一切農薬を使わず育てているハーブには、たくさんの蜂が集まっていました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >