2017/10/20 06:30

世界で6番目に小さい不思議なミニ国家・リヒテンシュタインでしたい6つのこと

面積およそ160平方キロメートル、日本の小豆島とほぼ同じという世界で6番目に小さいミニ国家・リヒテンシュタイン。

日本ではあまりなじみがありませんが、リヒテンシュタイン公爵を元首とする立憲君主国で、世界で最も裕福な国のひとつとして知られています。

首都はスイスとの国境の目と鼻の先にあるファドゥーツ。スイス最大の都市チューリヒから鉄道とバスを乗り継いでおよそ1時間半~2時間と、日帰り旅行も十分可能です。

まだまだ謎のベールで包まれたリヒテンシュタイン。首都ファドゥーツではどんなことができるのか、リヒテンシュタインでしたい6つのことをご紹介します。

1.ミニ国家訪問記念に入国スタンプをゲット

リヒテンシュタインへはスイスやオーストリアから陸路で入国するのが普通。リヒテンシュタインおよびスイスとオーストリアはシェンゲン協定に加盟しているため国境審査がなく、通常はリヒテンシュタインに入国してもパスポートに入国スタンプが押されることはありません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >