2017/09/24 06:30

【日本人が知らないニッポン】「商人都市」浜松のベンチャー気質(静岡県浜松市)

静岡市と浜松市は、同じ静岡県。ですが当の県民は、「静岡と浜松は違う!」と口を揃えます。

明治以前、確かに静岡市と浜松市は別の国でした。それぞれ駿河府中、遠江と呼ばれていました。ですが、その点は「些細な違い」に過ぎないと筆者は考えています。

静岡と浜松の最大の違い、それは浜松は「商人の町」であり、駿府に比べてベンチャー志向が強いということではないでしょうか。

浜名湖と浜松

浜名湖は西暦1498年以前は、遠州灘とは隔離された淡水湖でした。

それが大地震により、南側の陸地が消滅します。すなわち浜名湖は汽水湖になったのです。

これが何をもたらしたのか。まず東海道の陸地がなくなったことにより、浜名湖を経由した水上ルートが確立されたという点。そして遠州灘との直接的な水路が登場したという点です。これにより、浜名湖周辺の土地は海運商人の本拠地となりました。

オランダ、シンガポール、スペイン領セウタなどに共通するのは、目標は大きいけれど会計に厳格な商人気質の人が多いという特徴です。水上貿易で栄えた都市は、やはり「全市民が商人」という感じの空気が漂っています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >