2017/09/26 06:30

日本で唯一の銀鉱山王国!今年で世界遺産登録10周年を迎えた島根県大田市の「石見銀山」の歴史と自然を満喫

神話・縁結び・世界遺産など、魅力的な観光地があふれる島根県。島根県には古(いにしえ)から受け継がれた豊かな自然や文化など、全国に誇る観光資源がたくさん残っています。

島根県は主に出雲地方・石見地方・隠岐地方の3つの地域に分かれており、石見地方にある大田市の「石見銀山(いわみぎんざん)」は、戦国時代後期から江戸時代前期にかけて最盛期を迎えた日本最大の銀山(現在は閉山)です。最盛期に日本は世界の銀の約3分の1を産出したとも推定されています。

そんな石見銀山は、2007年に「石見銀山遺跡とその文化的景観」としてユネスコの世界遺産に登録されました。今年で世界遺産登録10周年を迎えた石見銀山は、今では日本を代表する鉱山遺跡として島根観光では外せない名所です。

石見銀山では、今も当時の採掘坑道である間歩(まぶ)や銀により栄えた町並みを観光することができます。

・龍源寺間歩までは、便利なレンタサイクルで行くのがオススメ

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >