2017/09/23 16:30

新しい、でもどこか懐かしい / 美味しい名古屋の駅弁「オリエンタルカレー メンチカツサンド」

日本人にとって、旅の醍醐味の1つといえばお弁当。

海外にはあまり駅弁という考え方が無いため、海外の人々も日本にくるとそのお弁当の種類の多さに驚くほど。

例えば、米どころ新潟が誇る絶品の駅弁「えび千両ちらし」、そしてお弁当としても、おつまみとしても美味しく味わえる「国技館やきとり」、そして名古屋のひつまぶし巻き、そしてサバサンドなど、さまざまな駅弁がある。

そんな美味しい駅弁の中から、今回ご紹介したいのは、名古屋を代表するカレーを使った「オリエンタルカレー メンチカツサンド」だ。

・名古屋を代表するカレーの1つ、それがオリエンタルカレー
実は名古屋は、日本中の誰もが知っている日本最大のカレーチェーン「カレーハウスCoCo壱番屋」を運営する株式会社壱番屋が生まれた場所。

そんな世界的にも名の知られたカレーチェーン店よりも前に、生まれたのがオリエンタルカレーなのだ。

その歴史は古く、1913年(大正2年)に星野兄弟が輸入食品商社として東洋食品を創立し、コーヒーを主に扱っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >